検索

太陽光チャンネル

検索

電力自由化とは?比較サイトを見てもわからない人に比較ポイントを解説!

2019.5.4

電力自由化の制度が開始され、2016年以降は一般家庭でも自由に契約する電力会社を選べるようになりました。
しかし、現状は電力自由化に関してくわしく知らない方も多いようです。
最適な事業者やプランを選べば電気代を大幅に安くできる可能性があることから、電力自由化は誰にとっても無関係な制度ではありません。

この記事では、電力自由化制度の概要や事業者を比較するポイント、東京エリアでおすすめの事業者3社についてご紹介します。
電力自由化に興味を持っている方、電力会社の切り替えを検討している方はぜひお読みください。

電力自由化とは?比較サイトを見ても分からない人へ

電力自由化とは、それまで地域によって自動的に決まっていた電力会社を、地域に関係なく任意で選択できるようにした制度です。
電力小売りの自由化は2000年にビルや工場のみを対象として開始されています。2016年以降は、一般家庭でも自由に供給会社を選んで契約できるようになりました。

本格的な電力自由化を機に、電力会社以外の事業者も電力供給事業に参入しています。再生可能エネルギーによる電気を提供している事業者も少なくありません。
また、契約者を獲得するために、事業者間で魅力的な料金やプランによる競争が発生しています。

マンションの部屋ごとに契約事業者を自由に選ぶことも可能です。
契約できる事業者の種類はエリアに依存しますが、一部離島を除いて地方でもさまざまな電力会社から選ぶことができます。

そのため、選択する側の消費者は、電力供給事業者を適切に比較しながら検討する必要性が出てきました。

電力自由化で比較すべきポイントは?

電力自由化により、一般家庭にとっては電力会社の選択肢が広がっています。
しかし、どのように契約先を選べばよいのかわからない方も多いでしょう。

以下では、事業者選びの比較ポイントについてお話しします。

電力自由化の比較ポイント①価格

電力自由化によって電力供給事業者の間では、価格競争が発生しています。
一般の方にとって価格は電力会社を選ぶ最たるポイントです。

電気代を安くする際、これまでは無駄な電力消費をおさえるしか方法がありませんでした。しかし、電力自由化以降は契約電力会社の見直しから行うことになります。

電力自由化の比較ポイント②プラン・サービス

とりわけ新電力(小売電気事業者)は、携帯電話のプランのように複数の契約プランを用意している傾向があります。
大人数の世帯向け、特定時間の電気使用が多い世帯向け、オール電化向けなど提供されているプランはさまざまです。
ガス事業や通信事業から参入している事業者も多く、セットで契約すると割引になるケースもあります。

また、電気使用量に応じてポイントが付与されるサービスも少なくありません。
インターネットのマイページで使用量や請求金額を確認できるサービスも好評です。

ただし、プランによっては期待しているほど電気代が安くならないこともあります。
また、携帯電話のプランのように定められた期間内の解約は解約金が発生することもあるため注意が必要です。

電力自由化の比較ポイント③エネルギー

とりわけ新電力は再生可能エネルギーでの電力供給に注力しています。
有害物質を排出しない再生可能エネルギーは、次世代を担うエネルギー源として期待が集まっています。

環境に配慮している方にとっては、事業者・プランごとのエネルギー源も比較・選択の基準と言えるでしょう。

電力自由化の比較ポイント④地域

契約できる事業者は居住エリアによってある程度限定されるものの、遠くはなれた場所に所在する事業者と契約することも可能です。
そのため、「地元の事業者だから」「応援したい地域だから」といった比較・判断基準で事業者を決める方もいます。

【電力自由化の実際】東京(関東)エリアの新電力3社を比較!

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、山梨県、栃木県、群馬県や静岡・山梨の一部は東京(関東)エリアに分類されます。

このエリアをカバーしている新電力から「東京ガス」「ENEOSでんき」「ソフトバンクでんき」の3社をピックアップ。
それぞれの特徴について、電力自由化の影響を比較しやすいようにご紹介します。

東京(関東)エリアの新電力比較①東京ガス

東京ガスはその名のとおりガス事業から参入してきた事業者です。

ガスと電気をまとめて契約すると月々の支払いが安くなるキャンペーンを提供しています。
電気使用量が多い家族世帯向けのプランのほか、電気使用量が少ない方向けのプランも提供している点が特徴です。

マイページの「my TOKYO GAS」では月々の使用量や請求額、取得したポイントを確認できます。
たまったポイントはオリジナルグッズに交換可能です。

天然ガスを使用した二酸化炭素が少ない火力発電を行っていることから、環境に配慮している方にもおすすめの事業者と言えます。

東京(関東)エリアの新電力比較②ENEOSでんき

ENEOSでんきはガソリン事業から参入している新電力事業者です。

提供している「Vプラン」は他契約とのセット割などはなく、単体でお得な料金を実現しています。
また、家族が多く電気使用量が多い世帯ほどお得になっていくプランです。

電気代を「ENEOSカード・シナジーカード」で支払いすると、ENEOSでの給油が割引されます。そのため、給油でENEOSを利用している方にとっては恩恵が大きいでしょう。

東京(関東)エリアの新電力比較③ソフトバンクでんき

大手通信事業者であるソフトバンクも「ソフトバンクでんき」として新電力事業に参入しています。

環境に対してはとりわけ積極的であり、供給電力エネルギー源の70%に再生可能エネルギーを使用している点が大きな特徴です。

提供プランの「おうちわり」はスマートフォンなどとセットで契約することで電気料金が安くなるプランです。また、電気料金は携帯料金とまとめて支払うことができます。
電気の使用量を30分単位でマイページで確認できるため、電気の無駄な使用をおさえたい方にもおすすめです。


電力自由化で発生した競争により、消費者にとっては魅力的なサービスが数多く提供されています。
同時に、少しでもお得に電気を利用したいと考えた場合は、自分のシチュエーションや電気使用量に合わせて適切な事業者・プランを選ぶ知識が必要です。

事業者・プランの判断次第では、今までより大幅に電気料金を安くできるかもしれません。
電気自由化に対して「少し難しそう……」と敬遠していた方も、今回ご紹介した比較ポイントを参考に、積極的に情報を集め、最適な事業者・プランを探してみてはいかがでしょうか。

発電所パフォーマンスを無料診断

Oh My Solar!では太陽光発電所のパフォーマンスを無料診断することができます。
発電所の個別評価や収益性レポートも無料で利用することができるので、太陽光発電本来の実力を可視化して発電量の改善を図り収益UPを目指しましょう。

詳細はこちら

キーワード

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • はてなブックマーク

関連記事