検索

太陽光チャンネル

検索

クリーンエネルギーとは?意味やメリット、企業事例を解説

2019.12.19

ニュースなどでもよく耳にする「クリーンエネルギー」。クリーンエネルギーは環境にやさしいエネルギーのことですが、詳しい意味や種類は意外と知られていません。今回は、そんなクリーンエネルギーの意味やメリット、起業での事例などをわかりやすくお伝えします。

クリーンエネルギーの意味とは?

クリーンエネルギーの「クリーン」には「環境にやさしい」という意味があります。クリーンエネルギーとは、地球環境に悪影響を及ぼさない方法で発電されたエネルギーのことです。

近年、地球温暖化などの問題により、環境保全の必要性が叫ばれています。これに伴い、エネルギーの発電方法も、よりクリーンなものが求められています。

そこで注目を集めているのが、クリーンエネルギーです。

従来の、日本で盛んな火力発電は、化石燃料を燃やして二酸化炭素を排出してしまいます。一方、クリーンエネルギーの発電の過程では、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素(CO2)や、大気汚染の要因とされる窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などが排出されません。

また、二酸化炭素を排出しない原子力発電も、広義ではクリーンエネルギーとされる場合があります。しかし、原子力発電は発電の過程で放射性物質を発生させるため、持続可能とは言えず、クリーンではないとする考え方もあります。

また、大規模水力発電も有害物質を発生しませんが、ダム建設の際に環境破壊が行われる場合があり、クリーンエネルギーであるかどうかについてはさまざまな意見があります。

水力発電

クリーンエネルギーのメリット

クリーンエネルギーのメリットとは何でしょうか。先に書いたとおり、二酸化炭素など地球環境に有害な物質を発生させないことはメリットの1つでしょう。

そのほかにも、発電方法によってメリットがあります。ここでは、クリーンエネルギーのメリットについて、発電方法ごとに紹介します。

川があればどこでも設置できる、中小水力発電

ダムの建設が必要な大規模水力発電は環境破壊の要因になりえますが、ダムを建設する必要がない水力発電もあります。それが「中小水力発電」です。

中小水力発電のメリットは、浄水場、下水処理場、農業用水や小川などの、比較的小さな水流に設置できる点です。水が豊富にある日本の風土にマッチした発電方法といえます。

また、川の流れを止める必要もないため、環境負荷も最小限に抑えることができます。

24時間・365日発電可能な地熱発電

山々が連なる日本には、火山活動を行う山も数多くあります。このような火山を活用して発電を行うのが「地熱発電」です。

地熱発電の特徴は、天候に左右されず、火山活動が続いている限りいつでも発電できること。これは、太陽光発電や風力発電などにはないメリットです。

また、燃料を必要としていないので、将来的な持続可能性にも優れています。

地熱発電

導入しやすい太陽光発電

クリーンエネルギーといえば「太陽光発電」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。固定価格買取制度などの影響もあり、自宅の屋根に太陽光パネルを設置する方も増えています。太陽光発電のメリットは、この「導入のしやすさ」が挙げられるでしょう。

また、家庭で太陽光発電システムを導入する場合のメリットとして、「自立運転機能」を用い、災害などで停電に陥った際も太陽光発電で得た電気を使用できるという点があります。さらに蓄電池を導入すれば、太陽の出ていない時間帯や天候でも、電力を使用できます。

さらに、太陽光発電は、地方を中心に問題となっている休耕地や荒れ地の活用法としても期待されています。

高台や海上を有効活用できる風力発電

海沿いなどでは、巨大な風力発電の設備を目にすることがあります。島国で海に囲まれた日本は、海風を受ける海岸を多く持つため、風力発電に最適な地形だといえます。

風力発電のメリットは、風があればどこでも発電できることです。現在では、風力発電システムを海上に設置する動きもあります。

風力発電

世界に広がる、クリーンエネルギー企業

クリーンエネルギーが世界で有望視されている今、クリーンエネルギー事業に参入する企業も増えています。そこで、世界的なクリーンエネルギー企業の取り組みを紹介します。

ジンコソーラー

日本人でこの企業を知っている人は限られているかもしれません。しかし、2018年世界で最も太陽光パネルを供給した企業こそがジンコソーラーです。

本拠地は中国になりますが、拠点は日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、ブラジル、南アフリカ、メキシコなどにあり、まさにグローバルカンパニーとして世界に展開しています。

ジンコソーラーをはじめ、世界の太陽光パネル市場では中国企業が圧倒的なシェアを誇っています。日本企業でもシャープ、京セラなどが参入していますが、中国勢に後塵を拝しているのが現状です。

ユーラスエナジー

豊田通商と東京電力ホールディングスが合弁で設立したユーラスエナジー。国内だけでなく、アメリカ、イタリア、スペインなどにも風力発電事業で進出を果たすなどの実績を有しています。

開発から施工、運営などワンストップで手掛けることができるのが特徴で、近年は太陽発電事業にも力を入れています。日本発のエネルギー企業としてグローバルでプレゼンスを高められるか期待されるところです。


この記事では、クリーンエネルギーの意味やメリット、企業を解説しました。今後も、地球温暖化対策や持続可能なエネルギーとして、クリーンエネルギー技術のさらなる進歩に期待しましょう。

発電所パフォーマンスを無料診断

Oh My Solar!では太陽光発電所のパフォーマンスを無料診断することができます。
発電所の個別評価や収益性レポートも無料で利用することができるので、太陽光発電本来の実力を可視化して発電量の改善を図り収益UPを目指しましょう。

詳細はこちら

キーワード

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • はてなブックマーク

関連記事